少人数結婚式のメリットとは?

少人数結婚式ってなに?

結婚式といえば、大勢の招待客を呼び、披露宴で祝辞や余興などのにぎやかな演出をするというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。実は、にぎやかな結婚式とは真逆の、落ち着いた雰囲気の式もあるのです。それが、少人数結婚式です。少人数結婚式というのは、30名くらいまでの少人数のゲストを招待する結婚式のこと。招待客には、家族のみ、家族と親戚のみ、家族や親戚に加えて、特に親しい友人だけを招待するという3パターンが多いようです。少人数結婚式は、自由度が高く、挙式と食事会、挙式と披露宴、挙式のみを式場で行ってから食事会はレストランなどを貸し切るなど、いろいろなスタイルがあります。

自分に合ったスタイルで挙げることのできる少人数結婚式にはどんなメリット、デメリットがあるのかを、ご紹介します。

少人数結婚式のメリットデメリット

メリットは、ゲストの好みを考えて飲み物や料理を選ぶことができるので、思いやりが感じられる温かい式にすることができることです。プログラムには余裕を持たせていることが多いので、じっくり話をする時間を多くとることができます。そして、一般的な結婚式のように、大勢の人に見られることで緊張するといった場面は少なくなります。本当に親しい人たちだけしかいない空間なので、新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても落ち着く空間になるのではないでしょうか。 デメリットには、「式に呼ばない人に気を遣う」「ご祝儀が少ないので、自己負担が増える」といったものがあります。通常の式と比べると、総費用は少なくすみます。しかしゲスト人数が少ない分ご祝儀が少なくなるので、自己負担額がその分、多くなります。しかし演出など式のやり方によっては費用を抑えることができるので、ご自身の予算に合った式の演出をすれば、問題はないでしょう。