少人数結婚式のデメリットとは?

盛り上がりに欠けることがある

少人数結婚式は、文字通り少人数で行います。ゲストは親族のみか、友人を招く場合も数人程度、仕事関係の人は招待しないことがほとんどです。そのため友人たちからの華やかな余興は期待できません。またケーキ入刀やキャンドルサービスを行う場合、ゲストも一緒に盛り上がるというよりも、マイペースに楽しむといった雰囲気になりやすいです。お色直し入場では、参列しているゲストが少ないため、浴びせられる拍手は小さく感じられるでしょう。余興で人気のある演出のドレス色当てゲームも、ゲームに参加できる人数が少ないという理由から実行することは難しいです。このように「いかにも披露宴」というような華やかな雰囲気の中で大いに盛り上がる時間は、少人数結婚式では期待することができません。

招待しなかった人たちへの対応が必要

結婚が決まったらすぐに友人や仕事関係の人たちに報告をすることが多いですが、その際に「結婚式の招待状楽しみにしているね」と言われることがあります。特に女性にとっては結婚式や二次会は新たな出会いの場でもあることから、このような声をかけられることが多いのです。少人数結婚式を検討している場合は招待する予定のない人たちへの対応に頭を悩ませることになります。また結婚式の後で結婚報告をした場合でも、それを聞いてびっくりした友人や仕事関係の人たちからお祝いを頂くことがあります。もし結婚式に招待をしていればお返しは引き出物のみで済みますが、バラバラのタイミングでい頂くお祝いに対してその都度内祝いを返さなくてはならず、手配に労力がかかります。